文字サイズ
八幡市立図書館のイメージ画像

利用案内




1.本を借りるには

・「個人館外利用券」が必要です。(在住・在勤・在学している方に発行できます。)
・住所等が確認できる運転免許証・健康保険証など公的に証明するものを添えてお申込みください。
・ひとり24点3週間(予約された資料は2週間)借りられます。
・貸出期限内で次に予約のない資料は、1度だけ延長ができます。
・「個人館外利用券」は、八幡市民図書館・男山市民図書館・自動車文庫において共通で利用できます。

2.本を返すときは

・返却カウンターへお返しください。
・八幡市民図書館・男山市民図書館・自動車文庫のどこへでも返すことができます。
・図書館が閉館している時は玄関横の「返却ポスト」をご利用ください。
・八幡市観光案内所(石清水八幡宮駅)・橋本公民館・美濃山コミュニティセンターの「返却ポスト」もご利用ください。
※橋本公民館・美濃山コミュニティセンターでは施設の開館中のみ「返却ポスト」をご利用いただけます。

<お願い>
・視聴覚資料は破損防止のため、図書館カウンターへお返しください。

3.リクエストについて

・読みたい本が図書館にないときはリクエストできます。
・貸出中の本は戻りしだい、当館にない本は、購入や他の図書館から取寄せて、できる限りご希望におこたえします。

4.インターネットでできること

・図書館の蔵書検索、自動車文庫の巡回日程や各種お知らせの閲覧ができます。また、パスワード登録をすることでご自身の現在の貸出状況の確認、貸出の継続(延長)、蔵書資料の予約ができます。

5.からだの不自由な方へ

・図書館に来ることができない方には、本をご自宅までお届けします。
・代理の方が本を借りることもできます。
・目の不自由な方には、点字図書や録音図書をお届けします。
・詳しい手続きはお尋ねください。

6.利用にあたってのお願い

(1)図書館資料(図書、新聞、雑誌等)の取り扱いについて
 ・図書館資料は市民の皆様の大切な財産です。汚したり、破いたり、水などで濡らさないよう、大切にお取り扱いください。
 ・図書館資料を借りている間は、借りた人に管理責任が生じます。図書館資料を紛失・破損または汚損したときは、速やかに図書館へお届けください。
 ・紛失または汚損・破損の程度によっては弁償していただきます。
 ・小さなお子様のいる場所では、保護者の方が管理をしてください。
 ・雨のときは袋等に入れ、図書館資料を濡らさないでください。
 ・図書館資料の修理は職員が行いますので、ご自身で修理せず、返却の際にお伝えください。
 ・返却日はお守りください。一定期間を過ぎても返却いただけない場合、貸出・予約を停止します。

(2)図書館内でのマナーについて
 ・図書館内での飲食はご遠慮ください。(ロビーでは可能です。)
 ・館内は禁煙です。
 ・携帯電話はマナーモードに設定し、通話はお控えください。
 ・館内での撮影はご遠慮ください。
 ・最新号の新聞や雑誌は、一度に一点でお願いします。
 ・その他、すべての方が図書館を快適にご利用いただけますよう、皆様のご協力をお願いいたします。

7.その他のサービス

・団体貸出制度
・図書館資料の複写(有料・著作権法の範囲内)