つぎはどれをよむ?

むずむず


むしむしでんしゃ  ながみちくんが
  わからない

雑草のくらし
   -あき地の五年間-
  


①『むしむしでんしゃ』  
  内田 麟太郎/文    西村 繁男/絵
                          (童心社)

いもむしでんしゃが はっしゃします
ののたん ののたん はしります 
えきにつくたび もぞもぞ むずむず
いろんなむしが もぞもぞ むずむず

②『ながみちくんがわからない』 
   数井 美治/作    奥野 哉子/絵        
                             (BL出版) 

小学校で同じクラスの ながみちくんが気になる わたし。 
ある日の帰り道、わたしは ながみちくんを研究することにした。 

③『雑草のくらし-あき地の五年間-』
   甲斐 信枝/さく             (福音館書店) 

あたたくなってきた畑あとに むずむずしながら 
待ちかまえていた草たちが 芽をだしはじめた。
むずむずは 春夏秋冬、いつだってやってくる。

  • ページをとじる